【ブックスタート】
  ブックスタートは,すべての赤ちゃんのまわりで楽しく温かいひとときがもたれることを願い,赤ちゃんと保護者に,絵本を開く楽しい体験と一緒に絵本を手渡し,心ふれあう時間を持つきっかけをつくる活動です。
   ブックスタートは,平成4年に英国で始まりました。日本には平成12年に紹介され,平成13年から「NPO(特定非営利活動法人)ブックスタート」が普及に努めています。
  図書館ホームページTOPの「柏市のブックスタート」のボタンは,NPOブックスタートのロゴマーク(絵本作家の黒井健さんがデザイン)を,承諾を得て使用しています。このロゴマークには,ラッコの親がおなかの上で赤ちゃんを育てるように,すべての親子が,抱っこのあたたかさの中で楽しい絵本の時間を過ごしてほしいという作者の願いが込められています。  
  柏市では,平成14年5月,山武市(旧松尾町)に次いで県内で2番目にブックスタート事業を開始し,今年で15年目を迎えます。自治体によっては,4か月児などの健康診査の際に行っているところもありますが,柏市では,1歳6か月児の健康診査に合わせ,ウエルネス柏,沼南保健センターの2カ所で合計年52回行っています。  
  健康診査会場では,ボランティアのかたがたが読み聞かせを通し,絵本を開く楽しさとともに,親子の触れ合いの時間の大切さを優しく語り,お伝えしています。   
  現在,約80人のボランティアが,活動の曜日に合わせ,火~金曜の4班に分かれて会場の設営をし,ブックスタートのメッセージを伝える活動をしています。  
  毎月1回,各班の代表の皆さんと,市のこども部子育て支援課,保健所地域健康づくり課,図書館の3課の職員が加わって組織した「柏ふれあいブックスタートの会」の会議を行い,活動方針の決定や情報交換をしているほか,交流会・研修会を開いています。  
  また,ボランティアの有志が月1回,市内の保育園に出向いて読み聞かせ活動を行ったり、布えほんを手作りしています。 ボランティアは,市の広報や図書館・子育て支援課を通して募集しています。内容やご応募については、お気軽にお問い合わせください。


                                    【問い合わせ先】  柏市立図書館:04-7164-5346                                          こども部子育て支援課:04-7168-1034
ブックスタート会場でお渡ししている本